高齢不妊の鍼灸

30代半ばを過ぎた頃の不妊は高齢不妊と言われていて40代になると不妊治療を受けても妊娠率は5%ほどになります。しかし、それはあくまでもデータ上のことですべての高齢不妊に当てはまるとは限りません。そのことからまずは、妊娠できる体づくりが重要になります。

高齢でも妊娠できるからだづくり

30代半ばから40代になると妊娠率は大きく低下します。タイミング法や人工授精では妊娠の可能性が低く、多くの患者さんは体外受精や顕微授精を試みますが、実際の着床率や妊娠継続率は高くありません。特に30代後半から妊活を始めた方は不妊治療を受けてもなかなか妊娠までたどり着けないことは少なくありません。原因の多くは、卵子の質に由来することがほとんどで今の生殖医療の大きな課題ですが、年齢が高くてもすべての卵子の質が悪いのではなく残っている卵子の中には必ず良い卵子がいます。その卵子に遠隔から鍼灸施術で刺激を加えて卵子の活性化を起こし、さらに子宮環境を整えることで高齢不妊でも妊娠率は上昇していきます。 

二人目以降の不妊鍼灸

当院では、二人目を目指して妊活を始めても妊娠しない二人目不妊のご相談、施術もお受けしております。これは、一人目の妊娠出産で生活環境が大きな変化と時間の経過とともに卵子の老化やホルモン、子宮環境の変化が著しくなり思うように妊活が進まなくなることで起こります。

二人目不妊にも鍼灸は効果的

一人目出産後の女性は、体型や精神的、また日常生活では育児のお世話、お仕事の復帰など大きな変化が訪れます。例えば30歳前半で一人目を出産し数年後に二人目を希望するとすでに30代半ばを過ぎ不妊症のリスクが高い時期に突入します。また、性交渉も少なくなり、育児に追われ疲労が重なると体全体の体全体の働きが弱る「へたり現象」が現れてきます。そうなると自然妊娠された方でも不妊治療を進めていきませんと妊娠は遠のいていまいます。ただし、一度でも妊娠出産された方は、妊娠できる妊娠能を持っていますので妊娠できないではなく妊娠する力が不十分で発揮されていないと考えることです。つまり元々持っている妊娠能を鍼灸で活性化させ「へたり現象」を改善させることで二人目でも妊娠率は上昇します。