不妊鍼灸

着床鍼

顕微受精

着床鍼

着床鍼 体外受精、顕微受精の胚移植時の当日や翌日に行う鍼施術です。

この鍼施術は、移植後に受精卵が子宮内膜に着床する力を高める目的で行う施術になります。

移植鍼後に着床鍼施術をお勧めします。

初期胚移植の場合→移植後2日~3日後 胚盤胞移植の場合→移植後5日~6日後の施術が効果的です。

施術の流れ

問診→診察→施術(お腹に置鍼10分)→(手、脚に置鍼10分)→(首の調整)→(腰に置鍼7分)→脈診→終了します。

ご予約・ご相談・お問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

 

Follow me!

お気軽にお問い合わせください

●一成堂鍼灸院 (予約制)
東京都世田谷区若林4-30-6パラスト若林公園1F 
東急世田谷線 松陰神社前駅徒歩5分
東急バス世田谷区民会館前徒歩3分
【受付時間】
月曜~金曜 9:15~12:00、14:00~20:00 
水曜 14:00~20:00
土 9:15~12:00、14:00~17:00
日曜・祝祭日 9:15~13:00(休診あり)

電話 03-3487-7781

-不妊鍼灸

PAGE TOP

Copyright© 医師も推薦妊娠率78%の鍼施術 世田谷【一成堂鍼灸院】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.